人妻のあふれる蜜 さき

毎日セックスしてほしい。優しい夫は無茶なお願いを聞き入れて何年も実践してくれている。感謝しているからこそ、それでも満たされていないなんて口が裂けても言えなかった…。夫への感謝と罪悪感に捕らわれた毎日から逃れるために選んだのは二重生活だった。夫が家にいる間はいい妻でいる。その代わり仕事に出ている平日の午後だけは私を自由にさせてほしい。夫が汗水流して仕事に励む平日午後の昼下がり。妻は淫汁と潮を垂れ流して見ず知らずの男に体を委ねる。

人妻のあふれる蜜 さき

  • 未分類

Related posts