【教師としてあってはならない、純愛。】男子生徒の情熱に負けた私は一晩だけと自分に言い聞かせながら何度も体を重ねてしまいました…。 小花のん

「ふしだらな先生でゴメンナサイ…」私は生徒に合わせる顔がない…なぜなら一生徒と関係を持ってしまったから。罠とは知らずラブホへ連れ込まれた私は引き返そうとしたが、「先生のこと本気で好きなんだ。俺じゃダメですか?」ストレートな告白に戸惑っていたらキスされ押し倒され…拒絶できずにそのまま肉体関係に。一回だけ…のはず、もう一回だけ…そして一晩だけ…イケナイことと知りながら快楽に溺れた私は、教師失格です。

【教師としてあってはならない、純愛。】男子生徒の情熱に負けた私は一晩だけと自分に言い聞かせながら何度も体を重ねてしまいました…。 小花のん

  • 小花のん

Related posts